⾦⾕ホテル歴史館(侍屋敷)

代々東照宮の雅楽師を勤める金谷家に生まれ、自らも笙を担当する楽人であった善一郎は、ヘボン博士の進言により自宅を改造して「金谷ホテル」の前身となる「金谷カテッジイン」を21歳という若さで開業、日光を訪れる外国人が安心して泊まれる宿として評判を高めていきました。金谷家の家屋は江戸時代には武家屋敷であったことから、外国人客は「金谷カテッジイン」を Samurai House (侍屋敷) と呼んでいました。滞在したイザベラ・バードは著書の中で”こんなにも美しい部屋でなければよいのにと思うことしきりである。” (完訳 日本奥地紀行Ⅰ金坂清則訳)と書いています。善一郎と彼の家族が屋敷を隅々まで磨き上げ、清潔に保っていたことがわかります。

140年以上の間、同じ場所に保存されてきた「金谷侍屋敷」および「土蔵」は、平成26年(2014年)国の登録有形文化財となり、平成27年(2015年)3月より「金谷ホテル歴史館」として一般公開が始まりました。

日本が急速に西洋文化を受け入れはじめた明治の初期、日光に住むひとりの青年が開いた外国人のための宿泊施設がどのようなものであったのかを現代に伝える貴重な歴史文化財です。

「金谷侍屋敷」は日本最古の西洋式リゾートホテル「金谷ホテル」発祥の地というだけでなく、江戸時代の武家屋敷の建築様式をそのまま残す建築遺産でもあります。

金谷ホテル歴史館の概要

外観


  • 1888年(明治21)頃の侍屋敷

  • 現在の侍屋敷

内部


  • イザベラ・バードが
    滞在した部屋

  • バードの通訳伊藤が
    滞在した部屋

  • 四連のかまどを備えた台所

所在地 〒321-1434 栃木県日光市本町1-25
Tel. 0288-50-1873
アクセス

<電車+バス>
JR日光駅/東武日光駅から中禅寺温泉/湯元温泉行きバスで「金谷ホテル歴史館」下車。徒歩0分。

<自動車>
日光宇都宮道路日光ICから神橋方面へ
神橋と平行する橋を渡り信号を左折
田母沢御用邸前信号の手前右側

駐車場 レストラン前 8台、国道を挟んで向かい側 8台
入館料
(税込)
大人 550円  子供(小学生)275円

<団体> 20名以上
大人 440円  子供(小学生)220円
開館時間 4~11月 09:30~17:00 (最終入館16:30)
12~3月 10:00~16:00 (最終入館15:30)
休館日 4~11月 無休
2021年 2月   2(火)/ 9(火)/17(水)/24(水)
2021年 3月   2(火)
  • 金谷ホテル
  • 金谷ホテルベーカリー オンラインショップ
  • 日光旅ナビ